「介護×DX化」で介護の未来を変えるシステム・コンサルティングを

Blogブログ

2022.07.30

NEWシリーズ 『介護DX』 ”数字を活かす”

こんにちは😄

ノースハンドグループの北村です。

いきなりの告白ですが、、、

実は、私、、、、

ハーゲンダッツが大好きなんです😊

特に、ハーゲンダッツの”ラムレーズン”を

食べると、幸せな気持ちになります!

 

なんと、、、

2022年8月4日、、、、

ラムレーズンの新商品がリリースします✨

\(^^)/

今回のリニューアルのPoint✨

・ハーゲンダッツオリジナルの香り高いラム酒にじっくりと漬け込んだレーズンを使用。

・従来品に使用したラム酒より風味豊かで、製品に占めるアルコール分を低く抑えている。

 

いや〜〜〜、楽しみです!!

 

 

 

 

毎週、以下のテーマでブログを書いています。

「介護DX」

「介護経営」

「介護システム」

「介護コンサル」

「介護記録」

 

今週は、”介護DX”の第四弾です。

介護DX

本日は、介護DX ”数字を活かす”

ついてお話ししたいと思います。

あくもでも個人の意見なので、

さらーっと、読んで頂けると幸いです(^^)

 

またまた、DXのおさらいです😄

 

DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、

”デジタルを効果的に活用し提供ができるよう、

ビジネスや組織の活動・内容・仕組みを戦略的、

構造的に再構築していくこと”

と定義されています。

DXを推進するにあたり、

今回お勧めするのは、”管理会計”です。

ちなみに、、、

『管理会計』とは、自社の経営判断に活用するための

社内向けの会計のことを言います。

 

ちなみに、『財務会計』は株主や金融機関等の利害関係者に

業績を把握してもらうための社外向けの会計のことです。

社内向け社外向けの会計があるということですね😊

 

以前、ブログでご紹介した、、、

個人的に、今までで最も衝撃を受けた、

名著 稲盛和夫  ”実学”、、、

経営者として、会計にどう向き合うのか?

部門別の管理会計の必要性、、、

その根底の価値観が変わりました😄

皆さんおすすめです。

 

 

話は戻り、、、

本日のお話しは、

会計ソフトの会計データーを

①会計ソフトから(会計データCSV)吐き出し

②(会計データCSV)kintoneに取り込み、

③簡単に管理会計を作ろう!

というお話しです。

https://kintone.cybozu.co.jp/

 

やり方は、とても簡単です。

 

手順①

会計システムは、PL(損益計算書)、

BS(バランスシート)、CF(キャッシュフロー計算書)の

財務3票のデータを必ず持っています。

そのデーターを取り出して下さい(CSV)

 

手順②

会計データー(CSV)を活用し、

kintone側のアプリを構築します。

そうなんです、、、

CSVデーターに合わせてアプリが構築出来ます😄✨

https://jp.cybozu.help/k/ja/user/create_app/app_csv/add_app_csv.html

 

手順③

仕上げは、部門別にカスタマイズ、抽出条件等を決定すれば

管理会計アプリの完成です✨

kintoneによって、会計情報の蓄積・分析出来ます。

部門別、科目別等々のカスタマイズも自由です。

見たい数字だけに絞ってグラフ化が出来るので、

会計がわからないスタッフでも、会社の状況を理解できます。

 

また、勤怠データーを取り込めば、

部門別一人当たりの粗利益”

簡単に集計、分析できます。

 

グラフの一例

※kintoneプラグイン使用

 

 

⑵  最後に

本日は、”数字活かす”についてご紹介しました。

皆様、いかがでしたか?

 

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)聞くと、、、

いや〜〜〜、なんか難しそう、、、

うちは、高齢のスタッフが多いから無理、無理😓

と思われると思いますが、、、

全然、大丈夫です。

散らばった身近な情報を集約するだけで、

立派なDX(デジタルトランスフォーメーション)です😊

 

ぜひ、管理会計チャレンジしてください✨

簡単で情報価値、高いですよ😄👍

s