Blogブログ

2021.11.6

クラウドシステム『N-SYSTEM-Work』

皆さん、こんにちは😄

ノースハンドの北村です。

皆さんは、『テンションを上げる↑』

アイテムありますか?

私は、『スターバックスのマグカップ』です✨

”黒のデザイン”がカッコいいなあ〜😄

 

 

このマグカップにコーヒーを入れて

いつもブログを書いています😁

                              

前回の振り返り

前回(7月4日)の

N-SYSTEM-workのブログでは、

①N-SYSTEM-Workとは?

②自社開発する理由

③オリジナルシステムによる効果

④まとめ

 

についてご紹介しました。

 

今回は、N-SYSTEM-Workによる

①蓄積・分析

②意思決定

③効率化

ついてご紹介します。

⑴ N-SYSTEM-Workによる情報の蓄積と分析

N-SYSTEM-Workとは、

ビジョン、経営課題に合わせて、

オリジナルのデーターベースを構築する

クラウドシステムです。

サイボウズ社の”kintone”という

ミドルウェアーからオリジナルのシステム開発できる

製品(プラットフォーム)を活用しています。

 

 

お客様への基本的なアプローチは、”脱エクセル”です。

介護事業者様は、多施設展開している場合が多く、

各施設に、ファイルが点在しています。

その多くの情報は、ペーパー又は、

エクセル、ワードです。

 

話は戻り、

脱エクセルする理由ですが、

エクセルの場合、情報の蓄積と分析、

そして組織全体の”共有”が弱いからです。

 

N-SYSTEM-Workによって

色々な情報を各データーベースに蓄積することで、

”比較”、”傾向”、”パターン”、”原因”

を分析することが出来ます。

さらにクラウドなので、その分析結果を

スムーズに共有することが出来ます。

 

 

⑵ 意思決定

結局のところ、

会社を良くも悪くもするのが、”意思決定”です。

『昨年より、利益が下がった・・・』

『人材採用が上手くいかない・・・・』

『キーマンが離職した・・・・』

等々

全て結果は、”意思決定”の積み重ねです。

私も、自分の意思決定に日々反省しています😓

 

現状、

介護現場の意思決定は、

個人の感覚、価値観、経験に依存しています。

もちろん、それが良い場合もたくさんありますが、

24時間365日稼働している介護現場において、

個人の能力・経験では、難しい局面があります。

 

N-SYSTEM-Workに情報を蓄積、分析することで

個人の能力による意思決定から、

情報分析による意思決定

シフトすることが出来ます。

 

その結果、

介護現場で”ナレッジ化”(ノウハウ・技術の共有)が実現し、

施設長、管理者様の負担軽減につながます⤴︎

さらには、次世代のリーダー育成にも

効果があると思います。

 

⑶  効率化

”効率化”については、色々な取り組み、

考え方があると思います。

個人的に効率化は、ゴールがなく、状況、課題に対して、

”常にやり続ける”ものだと考えています。

 

そこで、効率化をやり続けるポイントは、

”効率化”を定量化(数値化)

KPI(目標設定)します。

簡単なKPI(目標設定)だと

①管理者の有給取得率

②残業時間

 

〜①②に分析からわかること〜

①ナレッジ(ノウハウ・技術の共有)ができている

②業務効率が上がっている

 

効率化の評価基準・目標があれば、

みんな、やる気になり、

”効率化をやり続ける”ことが、容易になります😄

 

効率化を達成した先に、

従業員のメリット(賞与、福利厚生等)も示せると

さらに良いですね!

 

⑷  最後に

本日は、N-SYSTEM-Workによる

”意思決定”について、ご紹介しました。

 

介護現場の人材不足、介護リーダーの高齢化・・・

これは、マイナス要因です。

ですが、

公共性の高いビジネスで、尚且つ市場規模の拡大することは、プラス要因

※介護業界の市場規模(2007年 6.4兆円)→(2025年 15.2兆円)

 

この極端な状況において

何に投資をし、

事業を、どのように発展させるのか??

 

トップの”意思決定”が、試されるなあ〜

と感じています😁👍

 

kintone HP

https://kintone.cybozu.co.jp

s