「介護×DX化」で介護の未来を変えるシステム・コンサルティングを

Blogブログ

2022.04.10

NEWシリーズ 『介護経営』 離職率を下げる

さん、こんにちは😄

ノースハンドグループの北村です。

 

皆さんは、”マイルーティーン”

ありますか???

ルーティーン:「決まった手順」「お決まりの所作」「日課」

 

私は、ルーティーンを大事にしています。

余計なことを考えるのが苦手なので、、😅

 

基本、土日も仕事しているので、

仕事終わりは(19時00分〜21時00分)

以下のルーティーンがあります😄

 

月 筋トレ(上肢 胸)

火 サウナ

水 筋トレ(上肢 背中)

木 フリー

金 サウナ

土 散歩

日 筋トレ (パーソナルトレーニング)

 

散歩の時に撮った、

広島平和公園の写真を添付します。

満開の桜もいいですが、葉桜もいいいですね😊

 

 

 

 

 

 

 

毎週、以下のテーマでブログを書いています。

「介護DX」

「介護経営」

「介護システム」

「介護コンサル」

「介護記録」

 

今週は、”介護経営”の第二弾です。

介護経営 ”離職率を下げる”

本日は、”離職率を下げる

ついてお話ししたいと思います。

あくもでも個人の意見なので、

さらーと読んで頂けると幸いです(^^)

 

介護施設の経営者として、

離職率下げるポイントは、3つあると考えています。

 

⑴採用時のミスマッチ

⑵ビジョン・理念の共有が出来ない

⑶モチベーションが上がらない

 

 

一つずつお話します。

⑴採用時のミスマッチ原因

❶双方(求職者、会社)求めていることが大きくズレている

❷価値観のズレ(給与、時間、成長)

▼解決プラン

質問項目の標準化と求職者の回答分析がお勧めです。

弊社の場合は、

”Aという質問に対して、Bという回答があった場合、

採用を見送る”

そんなパターンがいくつかあります。

 

 

⑵ビジョン・理念の共有が出来ない

❶法人の価値観、事業計画がわからない

▼解決プラン

定期的な社内報の配布が有効だと思います。

弊社は、社内報を毎週配布しています。

 

 

⑶モチベーションが上がらない

❶やる気を感じない

❷揉め事が多い

▼解決プラン

社員情報の蓄積が有効だと思います。

個人面談、人事評価面談、トラブル面談、

給与推移、資格取得記録等々、

社員情報を蓄積すると、面談の質が上がります。

面談の質が上がれば、特に若社員のモチベーション

が上がりやすいと思います。

 

 

 

⑵  最後に

本日は、介護経営、”離職率を下げる”について

ご紹介しました😊

皆様、いかがでしたか?

 

下記の3つの取り組みをしていても、

⑴採用時のミスマッチ

⑵ビジョン・理念の共有が出来ない

⑶モチベーションが上がらない

 

(弊社)当然ながら、離職はあります😓

 

出会いがあれば、当然別れがあります。

 

一定数、社員が入れ替わることは、

双方(会社・社員)にとって健全な場合もあります。

 

但し、将来有望な人材を、

グリップすることは、とても大事です😊👍

 

本日は、介護経営 ”離職率を下げる”

についてご紹介しました。

 

 

 

s