Blogブログ

2022.01.9

健康 『食事』

皆さん、こんにちは😄

ノースハンドの北村です、

 

弊社も、お正月ムードが終わり、

仕事モードになってきました⤴︎

 

お正月休みに、

”休み方マネジメント”

という本を読みました。

 

皆さん、ご存じですか??

著者は、

理学療法士の菅原洋平さんです。

 

脳の活用方法、休める方法を、

とても具体的に提案してくれています。

 

例えば、

・朝起きたら、窓の1mいないに入り光を浴びる

・仮眠は、座ったまま6分〜30分

・夕方は絶対寝ない

・人間の脳が一度に覚えられるのは、4つまで、

基本シングルタスクで行動する。

 

私は、自分の小さな脳を😅

休めるのを、ついつい忘れるので、

繰り返し読んでいます😅

 

 

 

話は変わり

前回の健康シリーズ『食事』(9月5日)

のブログでは、、、、

①健康宣言

②プロジェクト管理

③成果

④最後に

でした。

 

本日は、

①食事で意識していること

②最後に

ついて、ご紹介します。

 

⑴食事で意識していること

本日は、”健康『食事』”についてお話します。

”食事”、大事です!!😊👍

 

個人的に食事にお金を使うのは、

最高の投資”だと考えます。

 

私が、気をつけてるのは、2点です。

❶タンパク質

❷血糖値の安定

一応、25年間体重、筋肉量を維持し、

なんとなく、腹筋も割れています😄

なんとなくですよ😅

 

 

❶タンパク質について

 

この飽食時代にあっても、

ここ10年でタンパク質の量が年々低下しています😓

人間の体は、基本タンパク質でできていますから、

意識して、摂取する必要があります。

 

 

タンパク質と生存率は、関係があります。

タンパク質(血清アルブミン値)が低いと、

老化速度が速く、骨格、筋肉量が下がり

ロコモになる可能性も高くなります。

健康寿命を伸ばすためには、”タンパク質”

大事です👍

 

※ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)

加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、

骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、

要介護や寝たきりになってしまったり、

そのリスクの高い状態を表す言葉。

 

 

スナック菓子、インスタントラーメン、アメリカンドッグ、

アイスクリーム、ロールケーキ、ビール、日本酒・・・・

タンパク質は、期待できませんよ😄

 

❷血糖値

グリセミックインデックス(GI値)って、ご存じですか?

このGIは、血糖値を上昇度を示す指数です。

なぜ、GI値が大事かというと、

インスリンの分泌に関係しています。

GI値が高い食品は、血糖値を一気に上げます。

そうすると、インスリンが大量に分泌されます。

 

インスリンの主な作用は、2つです。

①血糖値を下げる作用

②脂肪を作る、脂肪の分解を抑制する

 

そうなんです😢

インスリンは、脂肪を作り、

さらに分解を抑制するのです。

その結果、おなか周りに

脂肪がついてしまいます😅

 

 

同じ、炭水化物でも、

白米、うどんは、太りやすい食品と言えます。

そば、スパゲティーは、太りにくいと言えます。

 

同じカロリー、同じ炭水化物でも

GI値を意識すると、脂肪のつき方が

全然違いますよ😄👍

ただし、美味しいものは、GI値高いですよ😅

 

 

 

⑵  最後に

本日は、健康”食事”に関して、

ご紹介しました。

特に、良質なリーダーシップと血糖値の安定は、

密接な関係があると感じています。

 

例えば、GI値が高い、

アイスクリーム、ロールケーキ、菓子パン等で

カローリーを摂取すると・・・

一気に高血糖になり、

その反動で低血糖に陥ります。

 

低血糖になると、

・イライラしたり、

・怒りっぽくなったり、

・思考が回らなくなったり

・意思決定のスピード遅くなり、

・チャレンジを諦めてしまうことも

 

リーダーシップにおいて、

血糖値は、とても大事です!!

 

皆さんの周りで、

アイスクリーム、ロールケーキ、菓子パンを

たくさん食べているリーダーがいたら、

是非、教えてあげてください😊

 

 

 

 

すいません、

今回も、ついつい長くなりました😓

2022年は、文章をまとめる力を磨きます😄

 

 

本日は、食事に関して

ご紹介しました😄

 

ノースハンドグループ 北村

 

s