Blogブログ

2021.10.9

人事 『人事評価』 マインド評価

社長ブログ

皆さん、こんにちは😄

ノースハンドグループの北村です。

先週のブログで告知させて頂いた、

『介護2大課題解決セミナー』が無事終了致しました。

久しぶりの、ウエブセミナー

やや、緊張しました😅

セミナーの終了のご報告

今回のウエブセミナーは、ZOOMを活用し、

日本とフィリピンを繋いでの開催でした。

介護経営者様、社福理事長様、公的機関、

海外の方も参加され、

とても有意義なセミナーになりました。

改めて、外国人人材、ICTに対する、

皆さんの関心の高さを感じることが出来、

私も、大いに刺激を受けました。

外国人材とICTのシナジーを

さらに、考えてみます😄

 

セミナー、参加者の皆様、

お忙しい中、長時間

ご参加ありがとうございました。

評判につき??

第二弾も企画されているので、

次回も、楽しみにお待ちください。

⑴ 前回の振り返り

さて、話は変わり、

本日のブログは、人材『人事評価』です。

2021年6月6日(日)にも、人事『人事評価』について

一度、ブログを書いています。

前回の投稿内容は、以下の4つでした

⑴準備、⑵便利なツール、⑶人事評価の作り方、

⑷人事評価の骨格

 

今回は、

『マインド評価』についてご紹介します。

 

⑵ マインド評価

ノースハンドグループでは、2年前から

「マインド評価」を実施しています。

マインド評価とは、事業計画・目標を実現するために、

社員さんに意識して頂きたい、

『心構え』を数値化しています。

毎年、事業計画に合わせて、項目を見直しています。

 

マインドを評価することが、目的ではなく、

仕事を通じて、心を磨いていくことを、

組織全体で目指しています。

 

ちなみに、2021年のマインド目標は、

以下の5つです。

❶謙虚 (時間・約束を守る、批判にも感謝する)

 

❷感謝 (些細なことに感謝する、見返りを求めない)

 

❸勇気 (正義感がある、孤独に耐えられる)

 

❹一致感 (人・状況で態度を変えない)

 

❺コミュニケーション (主体的、理論に基づいて行う)

 

⑶ 評価方法

マインド評価は、毎月の個人面談時に発表し、

フィードバックします。

 

〜マインド評価の方法〜

①ウエブアンケートを実施し、自己評価と他者評価を記入

 

②採点は、自己評価(10点満点)、他者評価(10点満点)で行う

 

③クラウドシステム内で、集計・分析

 

④面談時に自己評価と他者評価の差異をフィードバック

 

⑷ 他者評価について

ノースハンドグループでは、

『他人を返して自分を知る』という価値観を

大切にしています。

この価値観を、理解した方に、

入社して頂いております。

 

結局のところ、

ビジネスは、心の成長が一番大切ですから👍

⑸ 最後に

マインド評価を実施して、3年経ちます。

データーを分析した結果、3つのことがわかりました。

 

 

〜マインド評価でわかったこと〜

 

①『マインド』成長と仕事の成果が、比例関係である

 

②『マインド』の成長と業績は、比例関係にある

 

③『マインド』の意識で、人は変われる

 

逆に、悩んでいる、離職願望がある社員さんは、

マインド評価が低下する傾向にあります。

なので、マインド分析が、低下の場合、

サポート、フォロー、面談を実施しています。

 

 

またまた、長文になりましたが😅

ノースハンドの『マインド評価』についてご紹介しました。

 

ノースハンドグループは、『介護業界のDXを実現する』

というビジョンを掲げています。

このビジョンを実現するには、

私も含めて、全社員が心を磨く必要があると考えています。

 

これからも、社員さんの発言、行動、態度だけに

目を向けるのではなく、

その行動を生み出す『マインド』

意識していきたいと思います😄👍

s