「介護×DX化」で介護の未来を変えるシステム・コンサルティングを

Blogブログ

2021.12.25

マネジメント『権限移譲』

 

 

皆さん、こんにちは😄

ノースハンドの北村です⤴︎

 

先日、若手エンジニア2名と

CoCo壱番屋にカレーを食べに行きました。

エンジニアのK君、

800gをペロッと食べられました😄

 

 

〜CoCo壱のテーブルの様子〜

私(社長):ご飯少なめ200g(トッピング:チキンカツ・野菜)+サラダ

主任エンジニア:普通盛り300g(トッピング:チキンカツ・チーズ)+サラダ

Kエンジニア:超大盛り800(トッピング:チーズ、しゃぶしゃぶ、ニンニク醤油)+サラダ

 

食べっぷりが、頼もしいなあ〜〜〜

と嬉しくなりました😄

K君から、笑いと元気をもらました😁👍

 

 

 

 

 

前回の振り返り

話は、変わり

本日は、マネジメント、『権限移譲』ついて

ご紹介します。

 

前回の8/22のブログで、

①権限移譲のジレンマ

②中小企業の権限移譲

③権限移譲のチェック

④日本の国際競争力

⑤最後に

についてご紹介しました。

 

本日は、

①ノースハンドグループの”権限移譲”の取り組み

”権限移譲”による成果

③最後に

についてお話しします👍

 

 

 

 

⑴ノースハンドの”権限移譲”の取り組み

本日は、”権限移譲”についてお話します。

皆さんの会社では、

”権限移譲”に取り組んでいますか?

難しいテーマですよね😓

『楽になりたい』

『時間が欲しい』

『主体的に行動してほしい』

全て、権限移譲がPointですよね😊

 

ノースハンドグループでは、2016年から、

”権限移譲”に取り組んでいます。

今年で、5年目です。

 

個人的に、

権限移譲を実施するメリットですが、、

①リーダーの負担軽減(社長も含めて)

②社員の主体的な行動

③モチベーションアップ

だと考えています。

 

 

実は、2020年9月〜

権限移譲をさらに加速⤴︎⤴︎させるために、

”(株)NHホールディングス”

設立しました。

そうなんです!

権限移譲のために、

会社を設立しました😄

 

NHホールディングスの役割は、

グループの管理業務全般ですが

特に、3つの業務を意識しています。

①人事・労務管理

②総務(業績管理・計画立案・リスク管理)

③社内DX推進

 

ノースハンドの場合、上記の3つの業務が

現場リーダーの負担になっていたのです😓

リーダーの精神的、時間的余裕がないと

”権限移譲”が非常に難しくなります。

 

 

権限移譲による成果

権限移譲を進めるために、

人事・総務の専属社員を2名採用し、

バックオフィスを強化しました。

その結果、現場リーダーに少し余裕が生まれ、

以下の成果を感じています。

 

①意思決定の質とスピードの改善

②主任、課長級社員の問題解決能力の向上

③揉め事、離職の軽減

 

 

⑶  最後に

本日は、権限移譲に関して、

お話をさせて頂きました。

 

2016年12月の日経ビジネスの記事に、

『日本の総務は欧米に比べて30〜40年遅れている』

と書いてありました😓

バブル崩壊前には、

日本にも総務のプロがたくさんいたようです。

業績管理、事業・各種投資計画、リスク管理等々を

専属で行うプロがいたのです。

 

ですが、バブル崩壊後

守りに入った企業が、総務人材の育成・投資を

行わなかったと言われています、

その結果、経験豊かな総務のプロが

日本に少なくなったと。。。。

 

そのことが、日本の生産性

影響しているのでは??

と個人的には感じています。

※生産性=労働者一人当たりの付加価値(粗利)/労働時間

年間労働時間(ドイツ:1386時間、日本:1644時間)

但し、サービス残業は含まれていません

 

11月、NHホールディングスに

総務歴30年の大ベテランに入社して頂きました。

入社一ヶ月ですが、

ものすごく、助かっています。

経営者より、会社を、組織を知り尽くしている

存在かも、知れませんね😄

 

 

 

広島市内も雪が降ってきました。

市内は、今年初??

本日は(12/26)、寒い1日になりそうです😅

 

こんな日は、筋肉を温めに、

いこうかな〜😄

s