Blogブログ

2021.12.19

マネジメント 『情報の見える化』

皆さん、こんにちは😄

ノースハンドの北村です⤴︎

 

12月、あるあるですが・・・・

ついつい、、、ハードワークになり、

体調を崩しまうケース😅

皆さん、ありませんか?

 

”ハードワークを乗り切る

北村式のルーティーン”があります㊙️

 

実施期間:12月15日〜12月31日

実施内容:ウェートトレーニング 週二回→週三回

プロテイン:40g/day→70g/day

ビタミンC:600mg/day→2000mg/day 摂取

 

上記のルーティーンで

筋肉量と、免疫をアップします⤴︎

 

しょうもない情報で、すいません😅

 

 

 

前回の振り返り

話は、変わり

本日は、マネジメント、『情報の見える化』ついて

ご紹介します。

 

前回の8/8のブログで、

”情報の見える化”の結論

”情報見える化”の目的

”情報の見える化”に向けて

④課題の分離

⑤最後に

についてご紹介しました。

 

本日は、

①ノースハンドグループの”情報の見える化”の取り組み

”情報の見える化”による成果

③最後に

についてお話しします👍

 

 

 

 

⑴ 弊社の”情報の見える化”

本日は、”情報の見える化”についてお話します。

皆さんの会社では、

”情報の見える化”に取り組んでいますか?

 

情報の見える化によるメリットは???

①情報格差が無くなる

②有給取得率がアップ

③残業時間が削減

④テレワーク対応

⑤属人的な仕事の減少

 

本当に、良いことばかりです😄👍

 

ノースハンドグループでは、2014年から、

”情報の見える化”に取り組んでいます。

今年で、”情報の見える化”、7年目です👍

 

”情報の見える化”による、公開する情報は、

閲覧権限、記入権限をしっかり設定し、

人事・労務・総務・会計・経理・各種申請、

スケジュール、会議議事録、各種ファイル等々、

必要な人に、必要なタイミングで公開しています。

 

 

ノースハンドグループの”情報の見える化”を支える、

7つのシステムについてご紹介します。

 

〜7つのシステムの種類〜

①N-SYSTEM-Care  (介護記録)

運用期間:6年

②サイボウズ10(一般社員向けグループウェアー)

運用期間:7年

③Garoon (管理者向けグループウェアー)

運用期間:2年

④kintone(オリジナルデーターベース開発)

運用期間:5年

⑤マナーフォワード(会計・経理・給与・勤怠・契約等)

運用期間:1年

⑥チャットワーク(お客様とのプロジェクト管理)

運用期間:1年

⑦Slack(システム開発管理)

運用期間:1年

 

〜システムの特徴〜

・すべてのシステムが”ククラウドシステム”

・すべてのシステムが、”連携”している

 

〜見える化の開発体制〜

・(兼務)システムエンジニア 2名

 

 

 

見える化による成果

7年間の開発、運用による、

見える化の効果についてお話します

一番は、社内風土の変化です。

 

社長、部長、課長のスケジュールを公開しています。

管理者クラスには、売上、利益、社内の課題を、

公開しているので、会社の現状を

理解している社員が多くいます。

 

”現状認識のズレ”が無ければ、

新しいチャレンジに対するマインド(心構え)

実現する手段・方法が、大きくズレる事は、

無いかな〜〜

 

無駄な部分が削ぎ落とされて、

”筋肉質の組織”を目指せるのでは??

と個人的には感じています😄

 

 

 

⑶  最後に

本日は、”見える化”

についてお伝えしました。

いかがでしたか?

 

最後に、ノースハンドグループの

”費用についてご紹介します😊

 

〜情報の見える化の費用〜

・システムのランニング費用  約15万円/月額

・運用・サポート費用     約10万円/月額

・社内DXの開発費用      約15万円/月額

・年間費用   約500万円/年間

 

一見、お高いですが😓

”情報の見える化”の効果を考えると、

投資する価値は、十分あると感じます。

 

個人の筋トレと、

組織の筋トレ、

頑張ります😄

 

s