Blogブログ

2021.06.20

クラウドシステム「N-SYSTEM-Care」

皆さんこんにちは😄
皆さん、趣味はありますか?

私は、読書が好きです。

ベッドに入り本を読むのが、
まさに、至福の時です。

昨年、読書中にこんな事故が・・・

電子書籍を10インチのiPadで
読んでいるときに、ついつい寝てしまい・・・

iPadの角が額に、「ガツーン😵💦」
額が割れ、少し流血😓

それ以来、Kindle oasisに変更。
軽くて、目に優しく👍
皆さんにも、お勧めです!

本日は、弊社の経営を支えるシステム、

N-SYSTEM-Careについて
お話ししたいと思います。

N-SYSTEM-Careは、自社開発の介護施設向けのクラウドシステムです。

弊社のサービス付き高齢者賃貸『ケアビレッジ ライル温品』にもN-SYSTEM-Careを導入し、介護記録、医療連携、ケアマニュアル等々のデジタル化に取り組んでおります。

N-SYSTEM-Careの主な導入先は、
特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、グループホーム、介護付き有料老人ホーム、小規模多機能様です。

2019年から本格的に販売を開始し、
現在、52法人に使って頂いております。
https://n-system-cloud.com/

最近、
お客様から、よく質問されることが
あります。

「なんで、システム開発したの??」
確かに😄

本日は、N-SYSTEM-Careの開発理由についてお話しします。
私は、在宅医療に関わる薬剤師として、介護施設さんにお薬を届けていました(2000年〜)

そんな中、
なりました。

ー介護現場の変化ー
①人材不足
②離職
③デジタル化・効率化
④医療・介護連携のトラブル
⑤IT人材の育成

上記の変化を解決するために、
自分ができることは、
何かないかなあ〜
ずっと、考えていました。

そんな時、
信頼している介護施設の理事長に、
「介護スタッフが本当に使いやすい
システムが無いんよ」と言われ・・
日本全国で販売されている
介護システムをリサーチしました。
どのシステムも素晴らしいシステム
ばかりでした。

ですが・・・・
かなりハイスペックで、多機能でした。

「よし、介護スタッフさんが
使いやすいシステムを作ろう!!」
と2012年からシステム開発を始めました。

【開発の歴史】

・2001年
 介護施設様への在宅医療スタート
・2010年
 介護現場の変化を感じる
・2012年
 システム開発の意思決定をする
・2013年
 介護施設を立ち上げ
・2014年
N-SYSTEM-Care開発スタート
・2018年
N-SYSTEM-Care販売スタート
・2021年
サブスクリプションスタート
・2021年
経済産業省 

共創サービスIT連携支援事業
介護DXモデル「N-Connect」
✨販売スタート
https://www.it-renkei.jp/

【N-SYSTEM-Careの特徴】

①直感的な操作性
②カスタマイズの充実
③Amazonエコー、カメラ、
LINEワークス等のAPI連携可能

【最後に】

まだまだ、開発したい機能は
たくさんありますが、
導入先のお客様の声を確実に機能に
反映していきたいですね。

『使いやすさNo. 1』と
『使って楽しいNo. 1』の
二冠✨目指して開発して
いきたいきます。

次回は、経営を支えるシステム
第二弾、「グループウェア」
についてご紹介します。

ノースハンドグループ 北村

s