Blogブログ

2021.10.31

クラウドシステム 『N-SYSTEM-Office』

皆さん、こんにちは😄

ノースハンドの北村です。

広島の繁華街も、少しずつ賑わいを見せていますよ😄👍

皆様の街ではいかがですか?

忘年会シーズンですが、

マスク、手指消毒を”意識”ですね!

                              

前回の振り返り

前回(6月27日)の

N-SYSTEM-officeのブログでは、

①風土改革に必要な3つの要素

②SNSとグループウェアーの違い

③導入効果

④導入のポイント

⑤導入事お願いすること

についてご紹介しました。

 

今回は、風土改革に絞って

お話しします。

⑴ N-SYSTEM事業による風土改革

ピータ・ドラッガーの言葉に『風土は、戦略に勝る』

という言葉があります。

本当に、良い言葉ですね〜😄

 

N-SYSTEM事業は、DXによって

(介護事業者様)の①〜⑤の風土を

改革します。

①紙からデジタルへ、

②自社サーバーからクラウドへ

③俗人から、全体共有(ナレッジ)へ

④部分最適から全体最適へ

⑤指示命令から承認・共感へ

 

 

⑵ 企業風土の要素

『御社の企業風土は?』

と質問されて、皆さんは、何と答えますか?

企業風土の要素は、色々な考え方があると思いますが、

ノースハンドでは、大項目を3つに分けて、

業種、部門、状況に応じて、さらに分けていきます。

 

【トップの分析】 

❶ヒアリング(価値観・ITリテラシー)

【定性分析】 

❶従業員の感情(個人面談)

❷従業員のモチベーション(個人面談・週間報告)

【定量分析】

❶人材の成長率(個人目標達成率)

❷人材の定着率

❸部門別一人当たりの粗利益

❹従業員のエンゲージメント(グループウェアーの閲覧・反応回数)

 

トップへのヒアリングの中で、価値観・思いを確認します。

定性分析に必要な情報は、個人面談で獲得します。

定量分析に必要な情報は、各システムを連携させ、獲得しています。

 

 

⑶  風土改革

風土改革は、時間と根気が必要です😓

”社員感情の集合体”が、企業風土なので、

当然と言えば、当然です、

 

グループウェアー導入による、

風土改革を一言で言えば、

”心理戦”です。

グループウェアー上の”情報”によって、

”社員の心理”を、どのように変えてくのか?

面白く、やりがいがあります😄👍

 

私は、NLPという実践心理学を3年間学びました。

良い先生、仲間に出会い、その知識、経験がとても役立っています。

 

誰に、いつ、何の情報を見せるか?

その結果、どんな”感情”を生み出すのか?

 

このことを、理論で理解し、

パターン化、体系化されると

風土改革(DX)は、スムーズになります。

 

⑷  グループウェアーの導入

先ず、トップの意識改革から始まり、

情報の”見える化”、”仕組み化”を構築し

組織内に安心感、働きやすさを実現します。

その結果、信頼関係が少しずつ生まれてくる・・・

そんなイメージです。

 

ちなみに、

風土改革が、道半ばで頓挫する理由は、

『上手くいっているのか?』

『駄目なのか?』

その判断の難しさにあります。

なので、⑵の風土のデーター化によって、

状況を確認できることが大切だと考えます。

 

 

⑸  最後に

私は10年間、グループウェアーを活用していますが、

使いこなせば、”会社が強くなる”

システムだと思います。

1ヶ月間は、無料でチャレンジできるので

是非、チャレンジしてみてください😄

 

大規模事業者向けグループウェアー「ガルーン」

https://garoon.cybozu.co.jp/

小規模事業者向けグループウェアー「サイボウズ10」

https://office.cybozu.co.jp/

s